明日目が覚めませんように

明日目が覚めなければそれはそれで良いと思いません?死んだらそこが寿命ですよ。

コインチェック不祥事と暗号通貨の未来の話

おはようございます、こゆきです。

 

先日コインチェックが保有するネムをほぼすべてハッキングにより盗まれるという最悪の事件が起こった。

 

www.businessinsider.jp

 

保有する暗号通貨の95%以上をコインチェックに預けていた僕としては大打撃だ。

しかしネムに関しては保有していなかったのがまあ救いではある。(コインチェックが倒産すれば同じだが)

 

この件を受けてネット上では様々な物議が醸しだされている。

ネムホルダー間では返金からよしとする者、盗難がなければレートは下がらなかったはずなので流出前のレートで保証されるべきなど様々な意見が飛び交っている様だ。

 

正直投資していた僕としては痛いけどw今回の一件、消費者だけの問題にとどまらないことが騒ぎ立てられていない事に違和感を感じる。

ビックカメラ系列店やHISでは決済手段としてビットコイン払いを導入しているし、ユーロ圏では給料ビット払いの会社もあるそうだ。

 

万一より確率は高いと思うが、コインチェックが倒産ともなれば相場が冷え込むことは必至であり、買い手側より売り手側の方がそのダメージは大きいのではないだろうか?

そしてマウントゴックスに学んでいないライトなユーザー層が暗号通貨自体に不信感を覚えることが危惧される事件ではないだろうか? 

 

暗号通貨が法定通貨の代替物として成り上がっていくため、コインチェック経営陣にはその自覚をもった対応、金融庁には冷え込みに依る経済被害まで勘案し対応してもらいたいものだよね。